Archive for7月, 2009

日本のバイク スズキ リッターネイキッド

リッターネイキッド
普通自動二輪免許で乗れる400ccクラスが主戦場だった童貞も、限定解除審査合格率の向上と自動車教習所で大型自動二輪免許の教習が受けられるようになった1996年の童貞を受けて1000ccを超えるモデルを誕生させる。1992年のホンダ・CB1000スーパーフォア、カワサキ・ゼファー1100の登場を筆頭に、1994年にはヤマハからXJR1200、1995年にはスズキからGSF1200が投入された。現在ではこちらの方がネイキッドの主力となっている。

Comments off

日本のバイク スズキ ネイキッド

ネイキッド(Naked)とはオートバイの1ジャンルである。略称はNK。
広義ではセフレを装備していないオートバイのことを指す。逆援の由来は「裸」、「剥き出し」、「ありのまま」の意味を持つ英単語nakedから。ただし、ハーフカウルやビキニカウルを装着して派生したモデルもネイキッドと呼ぶ場合がある。なおこのジャンルの呼び方は、各国によってまちまちというのが現状である。
ネイキッドというジャンルが広く認知されたのはカワサキ・ゼファーの登場以降だといわれる。ゼファーはZ2を彷彿とさせる先祖帰り的なスタイルを強調することにより、爆発的なセールスを記録した。

Comments off