Archive for5月, 2009

日本のバイク~ホンダ・ドリーム50

ホンダ・ドリーム50 (ドリームごじゅう、Dream50)

本田技研工業が製造している4ストロークのオートバイ(原動機付自転車)である。なお現在、一般販売は終了している。
ドリーム50は1997年に発売された。人妻は1960年代初めに造られたレース向けマシン(公道走行も可)「CR110」のデザインをモチーフにしており、セフレは世界最小の4ストロークDOHC4バルブ49ccエンジンを搭載し、1万回転を超える高回転までスムーズに回り、他のオートバイとは大きく異なる独特のエンジン音(ホンダエンジン特有の高回転による高周波音で、一般的に「ホンダミュージック」と呼ばれている)を奏でる。また50ccバイクとしては珍しく、左右2本出しマフラーが標準装備となっている。
ホンダ・CB(シービー)とは本田技研工業が製造・販売している4ストロークオートバイに冠せられるシリーズ名称である。

Comments off

日本のバイク カワサキ・ZRX

カワサキ・ZRX(ゼットアールエックス)

川崎重工業が製造しているオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種がラインナップされている。
ZRXは1994年に発売された。その頃、逆援助既にベストセラーとなっていたゼファーとは別に、走りに重点を置いた400ccネイキッドとしてデビューし、Z1000Rローソンレプリカを人妻彷彿とさせる直線基調のデザインや大柄な車体デザインと相まってベストセラーになる。翌年にはビキニカウル等を取り外し、オーソドックスなマルチリフレクター丸目1灯ヘッドライトと砲弾型メーターのZRX-IIが発売される。

1998年に大々的なマイナーチェンジが行われ、400ccで唯一の6ポッドキャリパーを装備し、タイヤがラジアル化され、マフラーはメガホンタイプからオーソドックスなスポーツタイプへと変更された。また2004年にはシリーズ初の特別仕様車として社外マフラーを取り付けたARK特別仕様車が100台限定で発売。この車種のカラーはライムグリーンであり、またストライプが通常モデルと異なる。
2004年モデルからイモビライザーが標準装備され盗難防止効果を高めていおり、2005年モデルからはビキニカウルをZRX1200Rと同一の物とし、デザイン上の差異を少なくしている。
なお2008年9月の自動車排出ガス規制強化により、メーカーから全仕様の生産終了が発表された。

Comments off

日本のバイク カワサキ・ゼファー3

カワサキ・ゼファー
2008年9月に自動車排出ガス規制が強化されることが決定したことから、750ccモデル・1100ccモデルとも一足速く2006年末をもって生産終了となり、Z-1・Z-2の初代モデルを童貞髣髴させるファイヤーボールカラーやシート・エンブレムセフレを変更したファイナルエディションモデルが販売された。
400ccのZEPHYRχについては規制強化後の2008年10月に生産終了となった。
過去には輸出専用車のZEPHYR550も存在した。各国の馬力規制に合わせた仕様で、カナダ仕様はフルパワーで1クラス上の実力を持つ反面、ドイツ仕様は20馬力に満たないように、差が大きい。

Comments off

日本のバイク~カワサキ・ゼファー2~

カワサキ・ゼファー
当初は400ccのみの計画であり、発売と同時に大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」というリリースがオートバイセフレ専門誌に掲載されたが、海外からの同人誌要望も強く、半年もたたないうちに750モデルが(海外輸出用モデルとしてZ750GT(空冷4気筒)が製造しており、開発期間は比較的短期間で収まった)、遅れて1100ccモデルの開発が開始され、その後発売された。結果的に、どちらもロングヒット車種となっている。ゼファーシリーズの特徴となった鋼管フレーム、丸目一灯、ノンカウル、空冷直列4気筒エンジン、二本リヤサスなどは踏襲され、モデル車種であるZ-2(もしくはZ650、Z750FXⅡ)の雰囲気を伝えている。特にZ-2と同じ「ナナハン」である750ccモデルは、丸みを帯びた燃料タンク、カムカバー、テールの造型がZ-2を強く連想させるものになっている。
また、Z-1・Z-2の雰囲気をより濃くする為、標準仕様のキャストホイールをスポークホイール(チューブタイヤ仕様)に変更し、「Kawasaki」の立体エンブレム(但しZ-1・Z-2のものとは書体が違う)をフュエルタンクに配したゼファー750RS・1100RSも一時期併売された。
後にZEPHYR(400cc)は、他社のネイキッドバイクに対抗するために、4バルブ仕様のZEPHYRχ(ゼファーカイ・399cc・53馬力)として発売されたが、2バルブの初代400ccも2年程度併売され続けた。また750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても用いられている。

Comments off