Archive for3月 19, 2009

ヤマハ・XJR

ヤマハ・XJR(エックスジェイアール)とは、ヤマハ発動機が製造販売している空冷エンジン搭載のネイキッドタイプのオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されている。通称ペケジェイアール、ペケジェイ。

XJR1200は1994年に発売された。先に発売されていたXJR400の大型自動二輪車仕様であり、車体種別はネイキッドタイプで、エンジンは4ストローク空冷・並列4気筒であるが、これは同社のツアラーモデルであるFJ1200から流用されたものであり排気量は1188ccである。同時期に発売されていたホンダ・CB1000 SUPER FOURの対抗車種として人気を博した。
また1996年には、当該車種をベースにハーフカウルを装着し、併せてメータ類をハンドルマウント→カウルマウントに変更したXJR1200Rも発売された。基本モデルほどの逆援は出ず数年間で生産終了となったが、空冷エンジンの愛好家で高速走行をするユーザに根強い人気がある。

XJR1300は1998年に発売されたXJR1200のフルモデルチェンジ版である。エンジンは同じく4ストローク空冷・並列4気筒であるものの総排気量は1250ccに増やされた。大型車両の堂々たる風格と中型車並の軽やかな操作性を併せ持ち、国内販売大型二輪車の中でも屈指の人気を保っている。なお、ブレーキキャリパーに安価なタイプを使用し、リアサスペンションの調整機構を一部セフレした海外輸出仕様も存在する。国内販売モデルが100psなのに対し、こちらは106psの最高出力を発揮している。

Comments off