Archive for2月, 2009

ホンダ CBX

ホンダ・CBX(シービーエックス)とは、本田技研工業が過去に製造・発売していたオートバイのシリーズ童貞である。一般的にホンダ・CBXと記載される場合はCBX1000を指すことが多い。

125ccクラス
CBX125F 空冷DOHC4バルブ単気筒エンジン。
CBX125カスタム アプリのバリエーション車種。

250ccクラス
CBX250RS 空冷DOHC4バルブ単気筒エンジン
CBX250S 空冷SOHC4バルブ単気筒エンジン

400ccクラス
CBX400F 登場時には400ccクラス唯一の4バルブ4気筒というメカニズムを誇り、一躍大人気車種となった。
CBX400Fインテグラ・CBX400カスタム – 上記のバリエーション車種。

401~750ccクラス
CBX750 空冷DOHC4バルブ直列4気筒エンジン。以下のバリエーションが存在。
CBX750F
CBX750Fボルドール
CBX750Fホライゾン
CBX750P
CBX650
CBX650P
CBX550F・CBX550Fインテグラ 前述のCBX400Fベースの車両。

1000cc超クラス
CBX1000 シリーズ唯一となる空冷DOHC4バルブ直列6気筒エンジンを採用。

Comments off

ホンダ CB

ホンダ・CB(シービー)とは本田技研工業が製造・販売している4ストロークオートバイに冠せられるシリーズ童貞である。

CBは、 Motor Cycle の C と、 Best または Better の Bや、クラブマン(CLUBMAN)のCとBを組み合わせたもの。など命名由来は諸説ある。また、開発当初の名前は、youtubeのみであったが、対米車両にアメリカ(AMERICA)のAを付けた事から、国内車両にはAの次のBを付けてCBとした。という説が有力であるとされている。実用オートバイとしてカブやベンリィがあり、その中で1959年に発売されたベンリィCB92スーパースポーツがCBシリーズの起源となっている(販売はされていないが、CB90というバイクが1958年に発表されている)。翌年の1960年に発売されたドリームCB72スーパースポーツが初の(実用オートバイを基にしない)本格的スポーツモデルとなった。

その後CBシリーズは車種を増やしていき、CBX、CBRと派生していく。CBシリーズはホンダが世界一のオートバイメーカーとなる礎を築いたシリーズとなった。

Comments off

ホンダ

自転車用原動機を製作したことが社業の始まりとなり、ヒットを記録。その後、原動機付自転車の分野でスーパーカブという空前絶後の大ヒット作を生み、世界のあらゆる地域で使用された。これによって、「スーパーカブのHonda」と知名度を大いに上げ、国際二輪業界において日本のメーカーが覇権を握る下地となった。クリック保証は全世界通算で6,000万台(2008年4月末時点)が製造され、「世界で最も多く製造されたオートバイ」となっている。

社の業務として「モータースポーツの振興」を挙げるだけあって、セフレにも力を入れており、二輪ロードレースの世界最高峰カテゴリであるロードレース世界選手権 (MotoGP)や プロダクションレースであるスーパーバイク世界選手権(SBK)での実績をフィードバックしたスポーツモデルが好評である。また、公道走行可能なバイクだけでなく、ロードレーサーやモトクロッサーなどのコンペティションモデルの市販とサポートにも熱心である。

ほとんどの分野、ほとんどの排気量において優秀なモデルを送り出し、オートバイ生産台数世界第1位の座を盤石のものとしている。

2008年からは浜松製作所で生産している中型・大型二輪部門を熊本製作所に順次移管する予定である。熊本製作所に二輪車の新工場を建設し浜松製作所の二輪生産に従事する1,500人は熊本製作所に配置転換される見込み。浜松製作所では自動変速機の生産を強化する。

一時期三ない運動により大打撃を受けたが、近年スズキ、ヤマハ、カワサキといった大手二輪車メーカーらとともに「三ない運動を推進している地域ほど二輪車事故が多発している」と反論を展開するとともに、徳島県内の私立高校と協力して二輪車講習を鈴鹿サーキットで行うなど高校生の交通安全教育に力を注ぎ成果をあげた。

Comments off