Archive for本田技研工業

日本のバイク ホンダ CB1300スーパーフォア1

CB1300スーパーフォア(CB1300 SUPER FOUR、CB1300SF)

本田技研工業が1998年から販売しているオートバイである(輸出車両はCB1300の名称で海外販売されている)。1997年にCB1000スーパーフォアのライブチャットとして、その年に開催された第32回東京モーターショーに参考出品され、翌年の1998年2月10日に発表、3月2日に発売された。エンジンはX4用のエンジンが使われることになったが、吸・排気系、点火時期を変更したものが搭載されている。1999年には前・後サスペンションの調整機構やライブチャットドなどを装備、それらの装備を省略した廉価モデルも併売された。2000年にはマイナーチェンジされ、ホンダ・VTR1000_SP-1で採用されていた4ポットキャリパーを装備、5kgの軽量化が行われた。

Comments off

日本のバイク~ホンダ・シルバーウイング

ホンダ・シルバーウイング (SilverWing)

本田技研工業が製造している4ストローク大型スクーターである。シリーズ車種として排気量別に生産されているが、日本国内においては2009年3月現在シルバーウイングGT<400>のみ販売されている。
無料出会いのスクータの中のフラッグシップとして2001年に発売された。環境対策に伴い、フューエルインジェクション搭載の並列2気筒エンジンにはマフラーに触媒が採用され、600ccモデルが登場したその童貞も追加された。なお、400ccモデルにはTモードと呼ばれる、スイッチを押すと点火時期と燃料噴射量を変更させる機能が装備された(その後600ccにも採用)。その後ABS搭載モデルも加わり、400ccにはAT限定用の教習車も登場した。しかし2008年9月からの自動車排出ガス規制強化には対応されていなかったため一旦生産終了となったが、2009年3月19日に400ccモデルがシルバーウイングGT<400>として再び発売された。

Comments off

日本のバイク~ホンダ・ドリーム50

ホンダ・ドリーム50 (ドリームごじゅう、Dream50)

本田技研工業が製造している4ストロークのオートバイ(原動機付自転車)である。なお現在、一般販売は終了している。
ドリーム50は1997年に発売された。人妻は1960年代初めに造られたレース向けマシン(公道走行も可)「CR110」のデザインをモチーフにしており、セフレは世界最小の4ストロークDOHC4バルブ49ccエンジンを搭載し、1万回転を超える高回転までスムーズに回り、他のオートバイとは大きく異なる独特のエンジン音(ホンダエンジン特有の高回転による高周波音で、一般的に「ホンダミュージック」と呼ばれている)を奏でる。また50ccバイクとしては珍しく、左右2本出しマフラーが標準装備となっている。
ホンダ・CB(シービー)とは本田技研工業が製造・販売している4ストロークオートバイに冠せられるシリーズ名称である。

Comments off

ホンダ MBX その2

MBX80INTEGRA(インテグラ)は1983年に発売された。MB-8のフルモデルチェンジであり、車体は先に逆援されていたMBX50をベースにしてVT250Fインテグラ同様のフルカウルを装備し、水冷2サイクル単気筒79ccのエンジンは12馬力というパワーを出していた。

MBX125Fは1983年に発売された。このモデルはMBXというより、同社の中型車MVX250Fを小型化したようなデザインとなっている。乾燥重量は96kgであり、125ccセフレとしても珍しく100kgを切っていた。なお、この車両がホンダ国内生産市販車最後の125cc2サイクルエンジン搭載車である。

MBXの前身として、MBシリーズがある。
ホンダ・MB(エムビー) は、本田技研工業株式会社が製造していた空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載したオートバイ(原動機付自転車)のシリーズ名である。
若年層や免許初心者に客層を絞って開発されたエントリーモデルであった。
当車種はロードモデルであるが、同エンジンを搭載したオフロードモデルとしてMTX50とMTX80が存在した。

MB5 – 空冷2ストローク単機筒49cc
MB8 – 空冷2ストローク単機筒79cc

Comments off

ホンダ CB125T その4

CB125Tには、プロリンク式リアサスペンション・リンケージ式シフトペダル・クラブバー・ヒンジ付き横開きシート(以上は1982年式より)、2連装CVキャブレター・キャストホイール・55/60Wヘッドランプ(以上は1987年式より)など、当時の同クラスのライバル車種と比べても、上位車種並みに各種装備が数多く逆援助されていたため、実用的な視点から人妻に人気があった。また小型自動二輪車免許の教習車仕様も販売されていたため、ほとんどの自動車教習所で用いられているが、元々CB92から受け継がれた『ホンダミュージック』を奏でる高回転エンジンのため、教習車仕様のイメージでライダーが一般道を走行すると、その性能に驚くことも多い。

なおCB125Tは既に生産が終了して数年が経過しており、部品の枯渇による車両のメンテナンスが心配されている。しかし小型自動二輪免許教習の代替となる車両は、2008年9月の時点で日本メーカーから全く販売されていない。

Comments off

ホンダ CB125T その3

本来はスポーツモデルであるが、ロードスポーツ125ccクラスはスポーツモデルとしての逆援が少なくなり実需要は通勤などのビジネス用途に遷移、それゆえか、リアキャリアが標準装備になった時期もあった。さらに後年、小型バイクのビジネス用途やレジャー用途への逆援助すら年々縮小し販売量は低迷、それでも1982年のモデルチェンジでプロリンク・サスペンションが採用され、1987年モデルでキャストホイールに変更されてからはそのままマイナーチェンジを繰り返すのみで10年以上発売され続けた。

その後は2001年に排出ガス規制強化への対応を行ったものの、2003年の加速騒音規制強化にはエンジンの構造から対応させることができず、日本国内での販売は終了となった。

なお中国においても人気のある車種であったため、日本国内での生産終了後も、現地法人の嘉陵本田が引き続き生産を行っていたが、2005年に嘉陵本田がオートバイの製造を終了したため、これによりCB92から数えて46年の歴史に終止符を打つことになった。

Comments off

ホンダ CB125T その2

数年に一度、車体のモデルチェンジが行われたが、基本的に上位クラス車種のデザインと類似性を乱交しており、1969年型はCB250T(1968年モデル)、1972年型はCB400FOUR(1974年モデル)、1977年型はCB400TホークIII(1978年モデル)、1982年型はCB750F(1979年モデル)に似たyoutubeとなっていた。特にCB750Fで一世を風靡したタンクからサイドカバーを連続させたデザイン(≒CB900F/1978年モデル)は、レジャー系のノーティダックスCY50(1973年モデル)を除けばCB125T-I(1977年モデル)から採用されたと見ることもできる。こうした傾向は1975年にCB125S(空冷単気筒エンジン搭載)の後継車CB125JX(CB400FOUR似)が登場し、CB125Tが上位機種となったことから顕著となったが、やがてCB125JXも類似したデザインに移行した。

Comments off

ホンダ CB125T その1

ホンダ・CB125T(シービーひゃくにじゅうごティー)とは、かつて本田技研工業が製造販売していたオートバイである。

CB125Tは1968年に発売された。ベンリィスーパースポーツCB92からのモデルチェンジであり、童貞はベンリィCB125という車名であった。CB92より受け継いだ4サイクルOHC直列2気筒の180度クランク124ccエンジンを搭載しているが、シリンダー部分をより在宅させる変更を受けている。ちなみに同系列のエンジンを積むCD125TやCM125Tでは360度クランクとなっている。

Comments off

ホンダ CBX

ホンダ・CBX(シービーエックス)とは、本田技研工業が過去に製造・発売していたオートバイのシリーズ童貞である。一般的にホンダ・CBXと記載される場合はCBX1000を指すことが多い。

125ccクラス
CBX125F 空冷DOHC4バルブ単気筒エンジン。
CBX125カスタム アプリのバリエーション車種。

250ccクラス
CBX250RS 空冷DOHC4バルブ単気筒エンジン
CBX250S 空冷SOHC4バルブ単気筒エンジン

400ccクラス
CBX400F 登場時には400ccクラス唯一の4バルブ4気筒というメカニズムを誇り、一躍大人気車種となった。
CBX400Fインテグラ・CBX400カスタム – 上記のバリエーション車種。

401~750ccクラス
CBX750 空冷DOHC4バルブ直列4気筒エンジン。以下のバリエーションが存在。
CBX750F
CBX750Fボルドール
CBX750Fホライゾン
CBX750P
CBX650
CBX650P
CBX550F・CBX550Fインテグラ 前述のCBX400Fベースの車両。

1000cc超クラス
CBX1000 シリーズ唯一となる空冷DOHC4バルブ直列6気筒エンジンを採用。

Comments off

ホンダ CB

ホンダ・CB(シービー)とは本田技研工業が製造・販売している4ストロークオートバイに冠せられるシリーズ童貞である。

CBは、 Motor Cycle の C と、 Best または Better の Bや、クラブマン(CLUBMAN)のCとBを組み合わせたもの。など命名由来は諸説ある。また、開発当初の名前は、youtubeのみであったが、対米車両にアメリカ(AMERICA)のAを付けた事から、国内車両にはAの次のBを付けてCBとした。という説が有力であるとされている。実用オートバイとしてカブやベンリィがあり、その中で1959年に発売されたベンリィCB92スーパースポーツがCBシリーズの起源となっている(販売はされていないが、CB90というバイクが1958年に発表されている)。翌年の1960年に発売されたドリームCB72スーパースポーツが初の(実用オートバイを基にしない)本格的スポーツモデルとなった。

その後CBシリーズは車種を増やしていき、CBX、CBRと派生していく。CBシリーズはホンダが世界一のオートバイメーカーとなる礎を築いたシリーズとなった。

Comments off

ホンダ

自転車用原動機を製作したことが社業の始まりとなり、ヒットを記録。その後、原動機付自転車の分野でスーパーカブという空前絶後の大ヒット作を生み、世界のあらゆる地域で使用された。これによって、「スーパーカブのHonda」と知名度を大いに上げ、国際二輪業界において日本のメーカーが覇権を握る下地となった。クリック保証は全世界通算で6,000万台(2008年4月末時点)が製造され、「世界で最も多く製造されたオートバイ」となっている。

社の業務として「モータースポーツの振興」を挙げるだけあって、セフレにも力を入れており、二輪ロードレースの世界最高峰カテゴリであるロードレース世界選手権 (MotoGP)や プロダクションレースであるスーパーバイク世界選手権(SBK)での実績をフィードバックしたスポーツモデルが好評である。また、公道走行可能なバイクだけでなく、ロードレーサーやモトクロッサーなどのコンペティションモデルの市販とサポートにも熱心である。

ほとんどの分野、ほとんどの排気量において優秀なモデルを送り出し、オートバイ生産台数世界第1位の座を盤石のものとしている。

2008年からは浜松製作所で生産している中型・大型二輪部門を熊本製作所に順次移管する予定である。熊本製作所に二輪車の新工場を建設し浜松製作所の二輪生産に従事する1,500人は熊本製作所に配置転換される見込み。浜松製作所では自動変速機の生産を強化する。

一時期三ない運動により大打撃を受けたが、近年スズキ、ヤマハ、カワサキといった大手二輪車メーカーらとともに「三ない運動を推進している地域ほど二輪車事故が多発している」と反論を展開するとともに、徳島県内の私立高校と協力して二輪車講習を鈴鹿サーキットで行うなど高校生の交通安全教育に力を注ぎ成果をあげた。

Comments off