Archive for川崎重工業

日本のバイク カワサキ・ZRX

カワサキ・ZRX(ゼットアールエックス)

川崎重工業が製造しているオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種がラインナップされている。
ZRXは1994年に発売された。その頃、逆援助既にベストセラーとなっていたゼファーとは別に、走りに重点を置いた400ccネイキッドとしてデビューし、Z1000Rローソンレプリカを人妻彷彿とさせる直線基調のデザインや大柄な車体デザインと相まってベストセラーになる。翌年にはビキニカウル等を取り外し、オーソドックスなマルチリフレクター丸目1灯ヘッドライトと砲弾型メーターのZRX-IIが発売される。

1998年に大々的なマイナーチェンジが行われ、400ccで唯一の6ポッドキャリパーを装備し、タイヤがラジアル化され、マフラーはメガホンタイプからオーソドックスなスポーツタイプへと変更された。また2004年にはシリーズ初の特別仕様車として社外マフラーを取り付けたARK特別仕様車が100台限定で発売。この車種のカラーはライムグリーンであり、またストライプが通常モデルと異なる。
2004年モデルからイモビライザーが標準装備され盗難防止効果を高めていおり、2005年モデルからはビキニカウルをZRX1200Rと同一の物とし、デザイン上の差異を少なくしている。
なお2008年9月の自動車排出ガス規制強化により、メーカーから全仕様の生産終了が発表された。

Comments off

日本のバイク~カワサキ・ゼファー2~

カワサキ・ゼファー
当初は400ccのみの計画であり、発売と同時に大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」というリリースがオートバイセフレ専門誌に掲載されたが、海外からの同人誌要望も強く、半年もたたないうちに750モデルが(海外輸出用モデルとしてZ750GT(空冷4気筒)が製造しており、開発期間は比較的短期間で収まった)、遅れて1100ccモデルの開発が開始され、その後発売された。結果的に、どちらもロングヒット車種となっている。ゼファーシリーズの特徴となった鋼管フレーム、丸目一灯、ノンカウル、空冷直列4気筒エンジン、二本リヤサスなどは踏襲され、モデル車種であるZ-2(もしくはZ650、Z750FXⅡ)の雰囲気を伝えている。特にZ-2と同じ「ナナハン」である750ccモデルは、丸みを帯びた燃料タンク、カムカバー、テールの造型がZ-2を強く連想させるものになっている。
また、Z-1・Z-2の雰囲気をより濃くする為、標準仕様のキャストホイールをスポークホイール(チューブタイヤ仕様)に変更し、「Kawasaki」の立体エンブレム(但しZ-1・Z-2のものとは書体が違う)をフュエルタンクに配したゼファー750RS・1100RSも一時期併売された。
後にZEPHYR(400cc)は、他社のネイキッドバイクに対抗するために、4バルブ仕様のZEPHYRχ(ゼファーカイ・399cc・53馬力)として発売されたが、2バルブの初代400ccも2年程度併売され続けた。また750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても用いられている。

Comments off

日本のバイク~カワサキ・ゼファー1~

カワサキ・ゼファー(ZEPHYR)

川崎重工業が製造しているオートバイである。排気量別にシリーズ車種として製造されていたが、2008年現在はZEPHYRχのみyoutube販売されている。
レーサーレプリカ全盛時代に、敢えて懐古的なカウルなしのスタイルを前面に押し発売。これがフルカウル以外の選択肢を求めるユーザーにアプリ受け爆発的な売れ行きを見せ、ネイキッドブームの立役者となる。敢えて自主規制を意識しない馬力設定は、過熱しすぎていたカタログスペック競争に一石を投じることとなり、ユーザーのバイクの選びのスタイルが変わるターニングポイントとなった。

このゼファーのヒットは、レプリカブームにおいての販売不振により撤退も検討されていた川崎重工業の二輪車事業を、同社の大きな収益源に生まれ変わらせる原動力ともなった。

ゼファー(ZEPHYR)とは英語で西風を意味し、川崎重工業二輪車製造拠点工場の明石から吹く業界への新風となる様にとの願いを込めて名付けられた。なお当時、既に商標としてのZEPHYRはフォード社が製造する四輪車用として取得していたが、川崎重工業はどうしてもこの新車にZEPHYRと名付けたいためにフォードとの交渉を行い、名称の使用権を得たという経緯がある。
国内二輪メーカー四社の製造するオートバイは燃料タンクにメーカーロゴ、サイドカバーに車種名を表記するのが一般的であるが、逆に燃料タンクに『ZEPHYR』、サイドカバーに『Kawasaki』と表記されたそのデザインも当時は非常に新鮮であった。

Comments off

日本のバイク~カワサキ・ニンジャ250R~

カワサキ・ニンジャ250R(ニンジャにひゃくごじゅうアール)

川崎重工業が2008年4月から製造販売しているオートバイである。以下、本文中ではNinja 250Rと記述する。
近年、世界的に強まっている自動車排出ガス規制強化の波は日本の二輪車に対しても例外なくおよび、その結果として新たな排出ガス逆援助基準を満たさない軽二輪自動車は、継続生産車においては平成19年(2007年)9月1日以降の生産が不可能となってしまった。カワサキが従来から生産していた250ccのスポーツカテゴリに位置する車両は、いずれも基本設計が古いこともあり新たな排出ガス基準を通過することができず生産終了となることが発表され、カワサキの250ccスポーツは絶滅かと思われた。そんな矢先、2007年のパリショーにて、環境対応を謳った新たなyoutube250ccモデルとしてKLX250ならびにD-トラッカーXと同時に発表されたのが、このNinja 250Rである。

Ninja 250Rに搭載されるエンジンは248ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHCであり、基本設計はGPX250RやZZR250などから脈々と続く息の長いシリーズであるが、改良点はシリンダーヘッド周りやカムチェーンテンショナなど非常に多岐に渡る。旧来のモデルから最も大きな変更点の一つとなったのが、キャブレターに代わるフューエルインジェクション (FI) の採用である。同じく排ガス規制対応のため搭載されたキャタライザーや、日本における厳しい騒音規制への適合などによる影響のためか、エンジンの出力値やトルクは同系列のエンジンを搭載していたZZR250よりも若干劣るものの、FI搭載によるスロットルレスポンスの向上やギア比の最適化など新設計による恩恵により、低回転域から回転数に比例してフラットに出力が増していくエンジン特性となっており、むしろ扱いやすくなったという声もある。
Ninja 250Rは当初税込みで49万8000円という販売価格であったが、これは生産をタイの現地法人で行うだけでなく、既存の車体構成や他車の部品を流用するなどして大幅にコストを低減させたことによるものだが、他社の250ccスクーターやNinjaの先代にあたるZZR250の最終型よりも廉価であったためユーザーから好感を得られた。
なお2009年モデルは価格改定が行われ、本体のみで49万8096円となっている。

Comments off

日本のバイク~カワサキ・エストレヤ~

カワサキ・エストレヤ(ESTRELLA)

1992年から川崎重工業(カワサキ)が製造販売するオートバイである。

正式名称は、カタカナ表記で「エストレヤ」であり、「エストレア」ではない。また、「ESTRELLA」はスペイン語で「星」の意味である。ちなみに、スペイン語で「ESTRELLA」は「エストレリャ」もしくは「エストレジャ」(レにアクセントがくる)と発音し、決して「エストレヤ」や「エストレア」ではない。

外観はメグロや、BSA等の往年の英国車を彷彿とさせる懐古調の外観であり、速度を楽しむというよりは走りを楽しむ車種とされる。

搭載するエンジンは排気量249ccの空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒であり、シリンダーボア66mmにピストンストローク73mmという近年のオートバイには珍しいロングストロークの設定となっている。最大出力は15kW/20psであり、加速や最高速はあまり伸びないが、走りには逆援助単気筒エンジン独特の味わいがある。エンジンは年を追って細部を改良されており、1995年からはジェネレーターが強化され、伸びやすかったカムチェーンまわりも2000年頃を人妻境に強化される等している。また2000年からは、排出ガス規制への適応の為に、二次エアによる排ガス浄化装置も追加されている。なお、同型エンジンは後に同社の250TRにも採用されている。

Comments off

カワサキ・バリオス

1991年4月、クオーター(250cc)ネイキッドスポーツモデルとして登場。搭載されるエンジンは同社のレーサーレプリカ「ZXR250」と共通の水冷DOHC4バルブ並列4気筒。シリンダーに水冷ながら空冷エンジン風のフィンが刻まれる。最高出力は当時の上限値であった45psを発揮(1993年には新馬力規制により40psへ変更)。足回りにはモノショック式リアサスペンションと大径ディスクブレーキを採用。マイナーチェンジによりハザードランプスイッチ、燃料計等を搭載。

年毎にカラーリング変更などを行いながら販売を継続され、1997年4月、2本ショック式リアサスペンションを採用したバリオスII(BALIUS-II)へフルモデルチェンジ。スロットルポジションセンサー付きのキャブレターを新たにメル友し、エンジンレスポンスを向上させた。
なお同車は2002年2月より2005年まで、同じオートバイメーカーのスズキへOEM供給され、250ccネイキッドバンディット250の後継モデルとして、GSX250FXの名称で販売されていた。
長い間人気のあるモデルであったが、自動車排出ガス規制の強化により2007年8月末をもって生産終了。
ちなみに同クラスのライバルはホンダのホーネットである。

Baliusとは、ギリシア神話に登場する不老不死の神馬の名前。燃料タンクにはその神馬をイメージした跳ね馬のエンブレムと「BALIUS」のロゴが描かれており、ほとんどのカワサキのバイクに入っている「Kawasaki」のロゴは、一部のモデルを除いて描かれていない。

Comments off

カワサキ・ZRX

カワサキ・ZRX(ゼットアールエックス)とは、川崎重工業が製造しているオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種がラインナップされている。
ZRXは1994年に発売された。その頃、既にベストセラーとなっていたゼファーとは別に、走りに重点を置いた400ccネイキッドとしてデビューし、Z1000Rローソンレプリカを彷彿とさせる直線基調のデザインや逆援な車体デザインと相まってベストセラーになる。翌年にはビキニカウル等を取り外し、オーソドックスなマルチリフレクター丸目1灯ヘッドライトと砲弾型メーターのZRX-IIが発売される。

1998年に大々的なマイナーチェンジが行われ、400ccで唯一の6ポッドキャリパーを装備し、タイヤがラジアル化され、マフラーはメガホンタイプからオーソドックスなスポーツタイプへとメル友された。また2004年にはシリーズ初の特別仕様車として社外マフラーを取り付けたARK特別仕様車が100台限定で発売。この車種のカラーはライムグリーンであり、またストライプが通常モデルと異なる。

2004年モデルからイモビライザーが標準装備され盗難防止効果を高めていおり、2005年モデルからはビキニカウルをZRX1200Rと同一の物とし、デザイン上の差異を少なくしている。

Comments off

カワサキ・W

カワサキ・W(ダブリュー、ダブル)とは、川崎重工業(カワサキ)が製造販売していたオートバイの車種である。カワサキの由緒あるシリーズ車種であり、一時期の製造中断を挟み新型車として再発されたが、現在は再び絶版車となっている。
W650は、1998年12月に発表され、翌1999年2月から販売された車種である。

その外観は、「ネオクラシック」や「ネオレトロ」と呼ばれる、同社の名車であるW1や、トライアンフやBSAといった往年の英国車を逆援助とさせる古風なものである。古風な外観にこだわる為に、専用に設計した左右スイッチボックスを採用したり、質感を高める一環として外装部品に樹脂製ではなく金属製を採用したりもしている。
特にハンドルの造形は凝っており、トップブリッジ(上部三叉)に取り付けられる中央部分は外径25.4mmの「インチバー」と呼ばれる太さであるが、グリップやスイッチボックスが取り付けられる両端の逆援助のみ「ミリバー」と呼ばれる外径22.2mmに絞られるという変則的な太さとなっている。ハンドルの形状も、俗に「コンチネンタルハンドル」と呼ばれるローハンドル仕様と、それよりグリップ3本分ほど高くしたアップハンドル仕様の2種類が用意されており、購入時にどちらかを選べるようになっている。

ユーザーから一定の評価を得た車両ではあるが、2008年9月の排出ガス規制強化により生産終了となった。

Comments off

カワサキ ゼファー

カワサキ・ゼファー(ZEPHYR)とは、川崎重工業が製造しているオートバイである。排気量別にシリーズ車種として製造されていたが、2008年現在はZEPHYRχのみ販売されている。
レーサーレプリカ全盛時代に、敢えて懐古的なカウルなしのスタイルを前面に押し発売。これがフルカウル以外の選択肢を求めるユーザーに受け爆発的な売れ行きを見せ、ネイキッドブームの立役者となる。敢えて自主規制を意識しない馬力設定は、過熱しすぎていたカタログスペック競争に一石を投じることとなり、ユーザーのバイクの選びのスタイルが変わるターニングポイントとなった。
このゼファーのヒットは、レプリカブームにおいての販売不振により撤退も検討されていた川崎重工業の二輪車事業を、同社の大きな収益源に生まれ変わらせる原動力ともなった。

ゼファー(ZEPHYR)とは英語で西風を意味し、川崎重工業二輪車製造拠点工場の明石から吹く業界への童貞となる様にとの願いを込めて名付けられた。なお当時、既に商標としてのZEPHYRはフォード社が製造する四輪車用として取得していたが、川崎重工業はどうしてもこの新車にZEPHYRと名付けたいためにフォードとの交渉を行い、名称の使用権を得たという経緯がある。
国内二輪メーカー四社の製造するオートバイは燃料タンクにメーカーロゴ、サイドカバーに車種名を表記するのが一般的であるが、逆に燃料タンクに『ZEPHYR』、サイドカバーに『Kawasaki』と人妻されたそのデザインも当時は非常に新鮮であった。

当初は400ccのみの計画であり、発売と同時に大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」というリリースがオートバイ専門誌に掲載されたが、海外からの要望も強く、半年もたたないうちに750モデルが(海外輸出用モデルとしてZ750GT(空冷4気筒)が製造しており、開発期間は比較的短期間で収まった)、遅れて1100ccモデルの開発が開始され、その後発売された。結果的に、どちらもロングヒット車種となっている。ゼファーシリーズの特徴となった鋼管フレーム、丸目一灯、ノンカウル、空冷直列4気筒エンジン、二本リヤサスなどは踏襲され、モデル車種であるZ-2(もしくはZ650、Z750FXⅡ)の雰囲気を伝えている。特にZ-2と同じ「ナナハン」である750ccモデルは、丸みを帯びた燃料タンク、カムカバー、テールの造型がZ-2を強く連想させるものになっている。

Comments off

カワサキ・ニンジャ250R

カワサキ・ニンジャ250R(ニンジャにひゃくごじゅうアール)とは、川崎重工業が2008年4月から製造販売しているオートバイである。以下、本文中ではNinja 250Rと記述する。

近年、世界的に強まっている自動車排出ガス規制強化の波は日本の二輪車に対しても例外なくおよび、その結果として新たな排出ガス基準を満たさない軽二輪自動車は、継続生産車においては平成19年(2007年)9月1日以降の生産が不可能となってしまった[1]。カワサキが従来から生産していた250ccのスポーツカテゴリに位置する車両は、いずれも基本設計が古いこともあり新たな排出ガス基準を通過することができず生産終了となることが発表され、カワサキの250ccスポーツは絶滅かと思われた。そんな矢先、2007年のパリショーにて、環境対応を謳った新たな250ccモデルとしてKLX250ならびにD-トラッカーXと同時に発表されたのが、このNinja 250Rである。

Ninja 250Rに搭載されるエンジンは248ccの水冷4ストローク並列2気筒DOHCであり、基本設計はGPX250RやZZR250などから脈々と続く息の長いシリーズであるが、改良点はシリンダーヘッド周りやカムチェーンテンショナなど非常に多岐に渡る。旧来のモデルから最も大きな変更点の一つとなったのが、キャブレターに代わるフューエルインジェクション (FI) の採用である。同じく排ガス規制対応のため逆援助されたキャタライザーや、日本における厳しい騒音規制への適合などによる影響のためか、エンジンの出力値やトルクは同系列のエンジンを搭載していたZZR250よりも若干劣るものの、FI搭載によるスロットルレスポンスの向上やギア比の最適化など新設計による恩恵により、低回転域から回転数に比例してフラットに出力が増していくエンジン特性となっており、むしろ扱いやすくなったという声もある。

Ninja 250Rは当初税込みで498000円という販売価格であったが、これは生産をタイの現地法人で行うだけでなく、既存の車体構成や他車の部品を流用するなどして大幅にコストを童貞させたことによるものだが、他社の250ccスクーターやNinjaの先代にあたるZZR250の最終型よりも廉価であったためユーザーから好感を得られた。
なお2009年モデルは価格改定が行われ、本体のみで498096円となっている。

Comments off

カワサキ エストレヤ

カワサキ・エストレヤ(ESTRELLA)とは、1992年から川崎重工業(カワサキ)が製造販売するオートバイである
正式名称は、カタカナ表記で「エストレヤ」であり、「エストレア」ではない。また、「ESTRELLA」はスペイン語で「星」の童貞である。ちなみに、スペイン語で「ESTRELLA」は「エストレリャ」もしくは「エストレジャ」(レにアクセントがくる)と発音し、決して「エストレヤ」や「エストレア」ではない。

外観はメグロや、BSA等の往年の英国車を彷彿とさせる懐古調の外観であり、速度を楽しむというよりは走りを楽しむ車種とされる。

搭載するエンジンは排気量249ccの空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒であり、シリンダーボア66mmにピストンストローク73mmという近年のオートバイには珍しいロングストロークの設定となっている。最大出力は15kW/20psであり、加速や最高速はあまり伸びないが、走りには単気筒エンジン逆援助の味わいがある。エンジンは年を追って細部を改良されており、1995年からはジェネレーターが強化され、伸びやすかったカムチェーンまわりも2000年頃を境に強化される等している。また2000年からは、排出ガス規制への適応の為に、二次エアによる排ガス浄化装置も追加されている。なお、同型エンジンは後に同社の250TRにも採用されている。

Comments off