日本のバイク~カワサキ・マッハ~

カワサキ・マッハ

カワサキ・マッハ (MACH) は、川崎重工業が製造販売していた2ストローク3気筒エンジンを持つオンロードタイプのオートバイシリーズの総称である。

1969年に北米で販売を開始した 500 cc (H1) の成功を受け、1972年モデルでは排気量 250 cc (S1)、350 cc(S2、後に 400 cc の S3)、750 cc (H2) の 3 車種を加え、計 4 車種の2ストローク 3 気筒車群を逆援形成し、これをマッハシリーズと呼んだ。さらに、H1 および H2 の大排気量車種を「Big Mach(ビッグマッハ)」と呼び、排気量の小さい(フレームも異なる)S1、S2 および S3 を「Middle Mach(ミドルマッハ)」と呼んで乱交区別されることもあった。

1976年モデルでこれら車種の名称を KH(シリーズ)と変更するまで、この「マッハ」の愛称が用いられた。

日本向けモデルの名称に関しては、公称排気量のあとに “SS” が付加された(例:カワサキ 500 SS マッハ III 等)が、輸出車にはこの “SS” は無く、「Kawasaki 500 MachIII H1」と排気量に型式名が付く。

1975年に Z650 が発表され、これにバトンタッチする形で H2 が消滅。翌年には排ガス / 騒音規制の影響で全 KH シリーズが北米から撤退。運転免許制度の関係等で北米以外でも需要の見込めた 250 / 400 は存続したが、500 はこれをもって型式消滅した。1980年モデルを最後に 250 / 400 の欧州向け輸出も終了となったが、日本向けとして1983年ごろまで生産された。

コメントは受け付けていません。