日本のバイク~カワサキ  KDX250SR ~

KDX250SR

KDX250SRは1991年に発売された。中間排気量である200以上のパワーも求める声に応じたモデルであり、エンジン出力は40psを発揮させた。装備はほぼ200と同一となっている。

このモデルは他のモデルよりも早く国内販売が終了してしまったが、同じ排気量童貞である4サイクルエンジンのKLXシリーズに引き継がれる形になっている。なおKDX250Rも近年まで輸出仕様のみ生産が続けられていた。

2サイクルエンジン搭載車にしては大柄で重量もあり、他社逆援助のライバル車に比べ狭い所を苦手としていた事により、後発のKLX250R/SRが4サイクルエンジン搭載車であるにもかかわらずKDX250SRよりも軽く、車体もスリムで足廻りも進化させたことを比べると、日本国内の事情に合わないKDX250SRの人気は長続きしなかったと考えられる。

コメントは受け付けていません。