日本のバイク~カワサキ・KDX~

カワサキ・KDX(ケーディーエックス)

川崎重工業が製造販売しているオフロードタイプのオートバイである。シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されているが、現在では逆援助国内販売は行なわれていない。
最初にKDXの名称が付けられたのは、1979年に発売された逆援助空冷2サイクル400ccのKDX400という車両であり、以降KDXの名称は2サイクルエンジンのエンデューロモデルに使われ続けた。

その後、1980年にモトクロッサーKX125をベースに開発したKDX175が米国で発売されベストセラーを記録。 このヒットにより1981年にはKDX250/KDX420が発売された。

そして現在のKDXシリーズに繋がる祖先と言うべきモデルKDX200が開発されたのは1983年であり、この元祖KDX200はKDX175をベースに単に排気量アップしたモデルであったが、1985年に待望の排気デバイスKIPS[Kawasaki Integrated Powervalve System]が搭載された通称「空冷KDX」が開発され、翌年1986年には国内で販売されると一大エンデューロブームが沸き起こることになり、

1988年にはそれまでの空冷から水冷に進化したKDX200Rが、翌1989年には公道用のKDX200SRがそれぞれ発売され、その後は125SR・220R/SR・250R/SRと、KIPSエンジンを搭載したKDXシリーズが展開されていく。

このKDX200R/SRの発売以降、国内において発売される競技用エンデューロ車両には「R」、公道用デュアルパーパス車両には「SR」の名称が排気量の後につけられるようになった。

コメントは受け付けていません。