日本のバイク~カワサキ・KH ~

カワサキ・KH(ケイエイチ)は川崎重工業が製造販売していた2ストローク・オンロードタイプの自動二輪車である。1976年モデルより、それまでの3気筒マッハ(SS)シリーズや小排気量単気筒のSSシリーズを統合したラインナップとしてKHシリーズの名称を冠した。通称「ケッチ」

KH90
SS90の後継機種として発売。前後に油圧ディスクブレーキを採用するなど、当時としては高級路線を志向していた。しかしながら中間排気量という位置づけから国内向けの童貞販売台数は少ない。最大出力10.5psの空冷2ストローク単気筒ロータリディスクバルブエンジンを搭載していた。

KH125
1970年代後半から1980年代前半に掛けて生産販売されていた2ストロークの123cc単気筒を搭載したスポーツモデル。後継の水冷エンジンを在宅搭載したAR125の生産開始と共に国内向けの生産終了した。もともと注目が集まらないクラスだけあり、人々から忘れられた存在となっていたが、1990年代後半に一部業者がタイ・カワサキで、ほぼ昔と同等のスペックで製造を行っていたKH125の輸入販売を開始。価格の安さと取り扱いやすさから認知度が高まった。別名、GTO。

KH250
「ジャジャ馬」と言われたマッハIIIと同じ2ストローク3気筒3本マフラーのレイアウトで兄弟車のKH400とともに最後まで存続した、マッハシリーズの末裔。最大出力28ps/7.500rpm 最大トルク2.70kg-m/7.000rpm 。もともとカワサキ・350SS(S2)のストロークをそのままにボアダウンしたエンジンのため、ボア×ストロークが45×52.3mmとロングストロークタイプとなっている。

初代 (A5)
1976年に発売。前年まで販売されていた250SSの名称変更という意味合いの強いモデルで、ブレーキは前後ドラムのままであるが、燃料タンクはキー付きになり、ヒューズボックスも以降のKHシリーズで標準装備となる3系統タイプに変更された。

中期 (B1~B3)
1976年下半期から販売されたモデルから、フロント周りにKH400のディスクブレーキが移植され、またそれに伴いフレームのネック部分に補強が入ったため、排気量以外は全くと言っていいほどKH400と同一の車体となった。

後期 (B4~B7)
フロントブレーキのマスターシリンダーを、それまでの丸型のものから角型のタイプに改良。サイドカバーは車体と同一色からブラックアウトに。80年から製造された最終型は、すでにラインナップは4ストローク高性能車がほとんどの中、ライムグリーンの近代的な塗装で1982年まで販売されていた。

KH500
1975年発売。それまで販売されていた500SS MACH IIIの名称変更モデル。詳しくはカワサキ・マッハ#500SS MACH III (H1)の項目を参照のこと。

コメントは受け付けていません。