日本のバイク~カワサキ・エリミネーター~

カワサキ・エリミネーター(ELIMINATOR)

川崎重工業が製造販売するオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種が生産されている。なお名称は「排除するもの」という意味。
他社がハーレーダビッドソン社製のクルーザーに似たスタイルメル友を採用する中、従来のクルーザーと違いドラッグレーサーをコンセプトに開発されたマシンである。

このドラッグスタイルは、後に登場するヤマハのV-MAX、ホンダのX4に受け継がれている。
ELIMINATOR・ELIMINATOR750・ZL1000
ELIMINATORは1985年に発表された。シリーズ第1弾はGPZ900Rのエンジンを使用した輸出向け車両であり、排気量は900ccである。なお国内販売車は当時の自主規制で最大排気量が750ccまでだったため、同年にELIMINATOR750を発売させている。

エンジンは当時世界最速マシンだったGPz900Rを元に駆動方式をチェーンからシャフトドライブに変更し、低中速重視のセッティングとしたもの。発進加速は童貞ドラッグマシンらしく、元となったGPz900Rを上回る性能を見せた。

後に、1987年には輸出向け最強モデルのZL1000が追加発表されている。(ZLはシリーズの四気筒モデル共通の型番)

コメントは受け付けていません。