ホンダ モンキー

モンキー(MONKEY)とは、本田技研工業が製造販売している原動機付自転車(小型レジャーバイク)の車種名。童貞型の形式はJBH-AB27。姉妹車のゴリラなどと共に、総じて4MINIと呼ばれる。

1961年の東京モーターショーにおいて発表された、レジャーバイクのZ100型が発祥であり、 当初はホンダが経営していた遊園地の遊具として製造され始めた。そして1964年にはモデルチェンジ版であるCZ100の海外輸出も始まり、販売先で好評だったことから、国内向けの公道走行仕様も開発が行なわれることになった。
国内向け最初のMONKEYであるZ50M型は1967年に発売された。当初はCZ100の車体を流用し、5インチタイヤにリジット(サスペンションなし)という構成であった。搭載されるエンジンはスーパーカブに準じた空冷50cc単気筒であり、バルブ機構はカブと共にCZ100のOHVからOHCに変更されている。
また車両への搭載を無料出会いに燃料漏れ防止装置のつくタンクキャップ、ドレンコックつきのキャブレター、そして現在も特徴のひとつとして挙げられるハンドルの折り畳み機能が搭載された。

コメントは受け付けていません。