ホンダ MBX その1

ホンダ・MBX(エムビーエックス)とは、ホンダが製造販売していたオートバイのシリーズ車種であり、排気量別に数車種が製造されていたが、現在はすべて販売終了している。

MBX50は1982年に発売された。発売時には人気絶頂のジャニーズアイドルだった近藤真彦を広告モデルとして逆援するなど、本体以外にも話題となったホットモデルである。車両本体は先代のMB-5を更に大型化し、当時では50ccとは思えない程の大きさの車体を持つ斬新なスタイルとなった他、更にエンジンは2サイクルピストンリードバルブ、単気筒49cc、最高出力7.2馬力を叩きだす、新設計水冷エンジン(クラス初)と油圧式2ポットキャリパーのフロントシングルディスクブレーキ(こちらもクラス初)がそれぞれ与えられ、リアサスペンションには新開発の”PRO-LINK”と呼ばれるモノ(シングル)スプリングによるスイングアーム式リアサスペンションが採用されていた。

デザイン、性能共に優れていた為、MBX50は一躍ベストセラーとなったが、あまりの高性能により、過剰な馬力とスピードから乱交が多発。よって危険と判断された。この事に社会的な影響を考えたメーカー側の自主規制が行われ、1984年には最高出力を5.6馬力にデチューンしたモデルが市販された。

しかしこの自主規制(出力低下)は市場の反発が大きく、販売戦略として一部改良が行われた。翌年の1985年には60km/h速度リミッターを装着したMBX50Fと改められ、性能では最高馬力を7.2馬力に戻しフロントカウル(風防)も装備された。次期モデルの NS50F⇒NS-1 に引き継がれるまで販売が続けられ、多くのライダーから支持され今もなお愛されている。

なお車名と外装が同社のCBX400Fに酷似していることから、一部でCBXの原付版と呼ばれることもある。

コメントは受け付けていません。