日本のバイク~ホンダ・シルバーウイング

ホンダ・シルバーウイング (SilverWing)

本田技研工業が製造している4ストローク大型スクーターである。シリーズ車種として排気量別に生産されているが、日本国内においては2009年3月現在シルバーウイングGT<400>のみ販売されている。
無料出会いのスクータの中のフラッグシップとして2001年に発売された。環境対策に伴い、フューエルインジェクション搭載の並列2気筒エンジンにはマフラーに触媒が採用され、600ccモデルが登場したその童貞も追加された。なお、400ccモデルにはTモードと呼ばれる、スイッチを押すと点火時期と燃料噴射量を変更させる機能が装備された(その後600ccにも採用)。その後ABS搭載モデルも加わり、400ccにはAT限定用の教習車も登場した。しかし2008年9月からの自動車排出ガス規制強化には対応されていなかったため一旦生産終了となったが、2009年3月19日に400ccモデルがシルバーウイングGT<400>として再び発売された。

コメントは受け付けていません。