日本のバイク カワサキ・ZRX

カワサキ・ZRX(ゼットアールエックス)

川崎重工業が製造しているオートバイであり、シリーズ車種として排気量別に数車種がラインナップされている。
ZRXは1994年に発売された。その頃、逆援助既にベストセラーとなっていたゼファーとは別に、走りに重点を置いた400ccネイキッドとしてデビューし、Z1000Rローソンレプリカを人妻彷彿とさせる直線基調のデザインや大柄な車体デザインと相まってベストセラーになる。翌年にはビキニカウル等を取り外し、オーソドックスなマルチリフレクター丸目1灯ヘッドライトと砲弾型メーターのZRX-IIが発売される。

1998年に大々的なマイナーチェンジが行われ、400ccで唯一の6ポッドキャリパーを装備し、タイヤがラジアル化され、マフラーはメガホンタイプからオーソドックスなスポーツタイプへと変更された。また2004年にはシリーズ初の特別仕様車として社外マフラーを取り付けたARK特別仕様車が100台限定で発売。この車種のカラーはライムグリーンであり、またストライプが通常モデルと異なる。
2004年モデルからイモビライザーが標準装備され盗難防止効果を高めていおり、2005年モデルからはビキニカウルをZRX1200Rと同一の物とし、デザイン上の差異を少なくしている。
なお2008年9月の自動車排出ガス規制強化により、メーカーから全仕様の生産終了が発表された。

コメントは受け付けていません。