日本のバイク~カワサキ・ゼファー2~

カワサキ・ゼファー
当初は400ccのみの計画であり、発売と同時に大量のバックオーダーを受けた際にも、「750ccモデルは出すつもりはない」というリリースがオートバイセフレ専門誌に掲載されたが、海外からの同人誌要望も強く、半年もたたないうちに750モデルが(海外輸出用モデルとしてZ750GT(空冷4気筒)が製造しており、開発期間は比較的短期間で収まった)、遅れて1100ccモデルの開発が開始され、その後発売された。結果的に、どちらもロングヒット車種となっている。ゼファーシリーズの特徴となった鋼管フレーム、丸目一灯、ノンカウル、空冷直列4気筒エンジン、二本リヤサスなどは踏襲され、モデル車種であるZ-2(もしくはZ650、Z750FXⅡ)の雰囲気を伝えている。特にZ-2と同じ「ナナハン」である750ccモデルは、丸みを帯びた燃料タンク、カムカバー、テールの造型がZ-2を強く連想させるものになっている。
また、Z-1・Z-2の雰囲気をより濃くする為、標準仕様のキャストホイールをスポークホイール(チューブタイヤ仕様)に変更し、「Kawasaki」の立体エンブレム(但しZ-1・Z-2のものとは書体が違う)をフュエルタンクに配したゼファー750RS・1100RSも一時期併売された。
後にZEPHYR(400cc)は、他社のネイキッドバイクに対抗するために、4バルブ仕様のZEPHYRχ(ゼファーカイ・399cc・53馬力)として発売されたが、2バルブの初代400ccも2年程度併売され続けた。また750ccモデルは、大型自動二輪の教習車としても用いられている。

コメントは受け付けていません。