日本のバイク~カワサキ・エストレヤ~

カワサキ・エストレヤ(ESTRELLA)

1992年から川崎重工業(カワサキ)が製造販売するオートバイである。

正式名称は、カタカナ表記で「エストレヤ」であり、「エストレア」ではない。また、「ESTRELLA」はスペイン語で「星」の意味である。ちなみに、スペイン語で「ESTRELLA」は「エストレリャ」もしくは「エストレジャ」(レにアクセントがくる)と発音し、決して「エストレヤ」や「エストレア」ではない。

外観はメグロや、BSA等の往年の英国車を彷彿とさせる懐古調の外観であり、速度を楽しむというよりは走りを楽しむ車種とされる。

搭載するエンジンは排気量249ccの空冷4ストロークSOHC2バルブ単気筒であり、シリンダーボア66mmにピストンストローク73mmという近年のオートバイには珍しいロングストロークの設定となっている。最大出力は15kW/20psであり、加速や最高速はあまり伸びないが、走りには逆援助単気筒エンジン独特の味わいがある。エンジンは年を追って細部を改良されており、1995年からはジェネレーターが強化され、伸びやすかったカムチェーンまわりも2000年頃を人妻境に強化される等している。また2000年からは、排出ガス規制への適応の為に、二次エアによる排ガス浄化装置も追加されている。なお、同型エンジンは後に同社の250TRにも採用されている。

コメントは受け付けていません。