カワサキ・バリオス

1991年4月、クオーター(250cc)ネイキッドスポーツモデルとして登場。搭載されるエンジンは同社のレーサーレプリカ「ZXR250」と共通の水冷DOHC4バルブ並列4気筒。シリンダーに水冷ながら空冷エンジン風のフィンが刻まれる。最高出力は当時の上限値であった45psを発揮(1993年には新馬力規制により40psへ変更)。足回りにはモノショック式リアサスペンションと大径ディスクブレーキを採用。マイナーチェンジによりハザードランプスイッチ、燃料計等を搭載。

年毎にカラーリング変更などを行いながら販売を継続され、1997年4月、2本ショック式リアサスペンションを採用したバリオスII(BALIUS-II)へフルモデルチェンジ。スロットルポジションセンサー付きのキャブレターを新たにメル友し、エンジンレスポンスを向上させた。
なお同車は2002年2月より2005年まで、同じオートバイメーカーのスズキへOEM供給され、250ccネイキッドバンディット250の後継モデルとして、GSX250FXの名称で販売されていた。
長い間人気のあるモデルであったが、自動車排出ガス規制の強化により2007年8月末をもって生産終了。
ちなみに同クラスのライバルはホンダのホーネットである。

Baliusとは、ギリシア神話に登場する不老不死の神馬の名前。燃料タンクにはその神馬をイメージした跳ね馬のエンブレムと「BALIUS」のロゴが描かれており、ほとんどのカワサキのバイクに入っている「Kawasaki」のロゴは、一部のモデルを除いて描かれていない。

コメントは受け付けていません。