日本のバイク スズキ リッターネイキッド

リッターネイキッド
普通自動二輪免許で乗れる400ccクラスが主戦場だった童貞も、限定解除審査合格率の向上と自動車教習所で大型自動二輪免許の教習が受けられるようになった1996年の童貞を受けて1000ccを超えるモデルを誕生させる。1992年のホンダ・CB1000スーパーフォア、カワサキ・ゼファー1100の登場を筆頭に、1994年にはヤマハからXJR1200、1995年にはスズキからGSF1200が投入された。現在ではこちらの方がネイキッドの主力となっている。

コメントは受け付けていません。